You are here: Home > >

新築専門だった会社がリフォームも手掛けるようになる

新築にこだわりを持ちリフォームなどはやらないと言った変わった会社がありました。

社長と言う人が少し変わった人で、新築をお願いした客が数年後にリフォームをお願いしたら断られたという話は色々なところで有名になっていました。

理由は自分達が造った家を壊すのは嫌だというのが会社社長の言い分でした。

よくよく考えてみると解るような気がします。

造り上げる時は一生懸命作り上げたのでしょうから、それを壊して今度は新しくしてと言われても納得がいかないのかもしれません。

そんな事を続けているうちに会社社長は病に倒れ、息子が受け継ぐことになりました。

息子さんは建築関係の大学を出た人で、新しい考えの持ち主でした。

自分が建てた家でも満足するまでに三度は建て直すのが普通と言っている人なので、リフォーム大賛成なのだそうです。

息子さんの代に変わった途端にリフォームの注文も受けるようになりました。

新築で自分が手掛けた家をリフォームするのは、よい家づくりのためのステップと考えているという事でした。

考え方で会社の方針が変わることはよくあることのようですが、我々顧客としては大歓迎です。

客側もリフォームする場合は、自分の家の事が解っている業者にお願いしたいと思うものです。

だからリフォームも扱ってくれる事は願っていた事なのです。

二代目になってから新築もリフォームも依頼が増えてとても忙しそうにしています。

私は臨機応変な考え方の今の社長も好きですが、職人気質のある一代目も好きでした。

一つに偏らないで、両方のいいところを取り入れるといいのにと思っていました。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans