You are here: Home > >

横浜で見かけた自分なりにカスタマイズ出来る結婚指輪

結婚指輪のデザインについて 『デザインとセッティングを選択』
ダイヤモンドリングの場合、メインストーンとサイドストーンのセッティングに応じてリングデザインの違いがあります。
ソリティアリングはシンプルですが、クラシックなデザインと上品さをプラスしてくれます。
結婚指輪に使用される代表的なセッティングは、以下の7つの種類があります。 ・プロングセッティングはソリティアスタイルのダイヤモンドリングに最も多く使用されるセッティング法です。
ソリティアスタイルのリングは、メインのダイヤモンドの姿を最も際立たせ表現します。
プロングセッティングは、ダイヤモンドの姿に応じて4プロング(足)?8プロング(足)まで可能であり、通常は4足、6足が多く使用されます。 ・中空(Halo)スタイルのセッティングは、長い間愛されるクラシックなスタイルのダイヤモンド法でメインストーンの周辺にメリーダイヤモンドをセッティングして、
メインストーンをさらに大きく華やかに引き立つようにするセッティング法です。
リングのメインストーンサイドに空間のあるスタイルのリングは、古典的なデザインで長い間結婚指輪に使用されています。
サイドストーンはメインストーンをさらに大きく見せて女性的なな印象を与えます。 ・ベゼルセッティングは、ダイヤモンドを周辺ダンバルが完全に包み込む形のセッティングです。
活動が多かったり、リングが肌に触れると困るおそれがある場合に使用するのにお勧めします。
半分だけ包み込むハーフベジルセッティングも可能です。 ・テンションセッティングは、ダイヤモンドを両側面から押す力で固定するセッティング法です。
モダンなスタイルのデザインであり、テンションセッティングは、ダイヤモンドを最初に購入して製作する必要があるため、
セッティングした後の姿が実際と若干違いがある場合があります。 ・フラッシュ(Flush)セッティング法は、ダイヤモンドをオープンされた溝に完全に入れてダイヤモンドのテーブル面のみの上に表示される設定法です。
フラッシュの設定法は、メインストーンのセッティングには使用せずに、
少し小さなダイヤモンドをリングサイドにセッティングするときや結婚式のバンドによく使用されます。 ・クラスタの設定法は、中空セッティングと同様の工法のセッティングでメインストーンの周辺を複数の小さなダイヤモンドのクラスタで包み込む構造のセッティング法です。
周辺の小さなダイヤモンドの配列は、様々な姿で表現することができます。 ・リングの周囲を小さなダイヤモンドで完全に包み込む構造で、小さなビーズをダイヤモンドの間に挟んでリングの輝きがより多く出るようにするセッティング法です。
中空スタイルのリングにもメインストーンの周囲をパヴェにして輝きを増す場合もあります。
チャンネル(Channel)の設定は、パヴェと同様のスタイルの設定であり、パヴェよりも少し大きなダイヤモンドを使用します。
リングの周りにつなぐメタル素材によってダイヤモンドが互いに接してリングに付着している様子です。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans